TOEICL&R400点レベルのリアルな感触【ふつサラン体験談】

TOEIC
スポンサーリンク

TOEICのテストを受けた後に、できた、できなかった、人それぞれの感触があると思います。

「今回の出来栄えはどうだったかな?」「400点,800点のレベル感ってどんなものだろう?」

私の経験から点数別のリアルな感触をお伝えします。

※現時点では800点レベルまで紹介します。今後900点を超えたら追加で紹介予定です。

この記事ではTOEIC400点前後の実力とはどれほどのものかについてまとめています。

関連記事:500点レベル感触はこちら600点レベルの感触はこちらに記事があります。

ふつサランの紹介

約10年前転職したことをきっかけに、気合いだけで仕事をする時代が終わると悟り資格の勉強に目覚める。簿記や中小企業診断士などを独学で取得し、グローバル人材になることを目指し英語の勉強にも力を入れる。TOEIC初回受験では370点だったが、継続した勉強により845点(リスニング445点、リーディング400点)まで向上した。

ふつサランの点数変遷:370点(2014)→450点(2015)→515(2016)→645(2017)→810点(2018)→845(2019)

TOEIC400点の実力はどれくらい?

TOEIC400点は英検では3~5級レベルだといわれています。

基礎力がまだまだ足りていないので、テストを受けてもストレスを強く感じる時期です。

第247回(2020年1月)受験者数:111,093人 の結果を示します。

 リスニングリーディングトータル
最高スコア495495990
最低スコア5510
平均スコア320.6260.6581.2
第247回(2020年1月)結果より筆者作成

平均は581.2点なので、400点は180点ほど低い位置にあることがわかります。

第247回(2020年1月)結果より筆者作成

400点はグラフにしてみるとまだまだビギナーの位置ですね。

でもがっかりすることはありません!

私の実感では社会人になって全く英語の勉強をしていない人が初めて受験すると、だいたい400点前後に落ち着いている印象があります。現に私の初受験は370点でした。。

つまりまだスタートラインに立ったばかりなので伸びしろは満載です。

テスト全般の感触(TOEIC400点)

ではここからふつサランが実際に感じたリアルな感触をお伝えします。

まずテスト全般を通して、、まったくわかりませんでした!!

いつテストが始まったのか、リスニングでは今どこの問題をやっているのか。気づいたら先に進んでいる感じでした。

また一切TOEIC対策を行っていなかったことから、英文の読み上げは1度だけということはその場でしりました。(;^_^

各パートのディレクション(指示)すら何を言っていいるのかさっぱりといった状態です。

最終的にはほとんどわからず、当然全てをやりきることもできず、Part7はほぼ塗り絵(マークシートを適当に塗りつぶすこと)で終わりました。

400点レベルだとこれくらいが普通かもしれません。。

Part1.の感触(TOEIC400点)

最低400点、最高450点を目指そうと挑んだテストでしたが。

最初くらいは解けるかと思ったのも束の間、全く聞き取れません。

まれに知っている中学初期レベルの単語(「eat」や「clean」など)は部分的に聞き取ることができたものの、センテンス全体を掴むことができず、半分も合っていなかったのではないかと思います。

いきなり絶望感を味わうことに・・

Part2.の感触(TOEIC400点)

Part1よりも酷い状況でした。読む速度が速すぎて全くなにをいっているかわかりませんでした。

最初の単語を掴むことが大事だと聞いていたのですが、そもそもそれ自体も聞き取れたのが5問くらいだったと思います。

Do you~?やWhere~?に対する回答が、学校で習った「Yes,I do」のような一言返答がないことでパニック状態です。

自信のあった問題は3問くらいかな・・・と。

あれ、400点もいかない・・?少し焦りを感じ始めました。

Part3.の感触(TOEIC400点)

相変わらずパニック状態は続いています。解答の選択肢を読んでいる間に、問題が読み上げられてしまいどっちつかずになっていました。

一部どのようなシチュエーションで、どのような会話をしているのかが分かりましたが。センテンスの切れ目がわからず、もう勘弁してくれと思いました。

3人のスピーカーが話す問題があったとしても、え、いつ三人目がでてきたの?って思っていました。

終始苦痛な時間でしたね。。

Part4.の感触(TOEIC400点)

一人が一方的に話し続ける内容なので、Part3よりはまだ聞き取れたように思います。

しかし、途中で折れた心を立て直すことはできず、、最後は適当に印をつけていました。

諦めというよりは、絶望に近い心境だったかもしれません。

この頃にはほぼ400点すらいかないという謎の自信が芽生え始めました。

Part5.の感触(TOEIC400点)

なんとかリーディングで持ち直そうとしたものの、この当時は形容詞、副詞の役割すら知らないレベルで、初めて出会う単語ばかりです。

語彙問題(名詞の選択)がでても、何が違うのか、そもそもなぜ同じような言葉があるのか腹を立てていました笑

文法も基礎中の基礎しか知らないので、日本語変換すらままならない状態です。

5問くらいは自信があったレベルだったかと思います。

やっぱり、400点もいかないなと自信を喪失。

Part6.の感触(TOEIC400点)

穴埋め問題で一見Part5より簡単そうに見えました。

が、取り掛かってみると相変わらず何を書いているのかが理解できず、時間だけかけて結局勘で解くような状況です。

一部主語の選択と、動詞の選択はできたかなと思える程度でした。

実際にはほとんど合っていなかったと思います。

Part7.の感触(TOEIC400点)

まず問題文を理解することから始まります。そこで時間が掛かり、その上記事に書かれている英文も理解ができず、推測で書いていることを日本語変換し認識していました。

最終的には30-40問を残して残り5分になったので、あとは問題をみずにランダムにマークをつけて終了です。

完敗でした。。間違いなく400点もいかないと確信を持ちました。案の定370点でしたが。

本当に勉強することでできるようになるのか、疑問だけ持ち帰り帰宅しました。

まとめ

正直ほとんど勘で解いている状態でした。

400点レベルだとリスニング、リーディングともに英語→日本語に全て変換して理解する工程が必要になりました。

その分時間が掛かりますし、そもそも英単語を知らないので日本語としても認識することができないことが多かったです。

まずは相手(TOEIC)のことを知ることと、最低限の英単語を覚えることから始めようと誓いました。

ふつサラン

関連記事:【誰でもできる!】私がTOEICスコア845点を取った勉強法

コメント

  1. […]     関連記事:TOEICL&R400点レベルのリアルな感触【ふつサラン体験談】 […]

  2. […]  関連記事:400点レベルの感触はこちら500点レベルの感触はこちらをご参考ください。 […]

  3. […] 関連記事:TOEICL&R400点レベルのリアルな感触【ふつサラン体験談】 […]

  4. […] 関連記事:他レベルの感触はこちらをご参考ください。400点,500点,600点 […]

  5. […] 関連記事:他レベルの感触はこちらをご参考ください。400点,500点,600点,800点 […]

タイトルとURLをコピーしました