【TOEIC対策】最短でリスニング力を上げる勉強法!

TOEIC
スポンサーリンク

いくら聞いても全然聞き取れない。リスニング力が全然上がらない。日本人には無理だ。

そう諦めている方多いのではないでしょうか?

私も英語の勉強を始めた頃は全然聞き取れませんでした。

Part1ですら、She’s sitting on the chairをシーズ シッティング オザ チェー?ん?何を言っているんだ。チーズがどうした?といった具合でした。

そんなものです。それでも今ではTOEICリスニングでは445点までは取れるようになりました。まだまだ勉強中の身ですが、効果があった勉強法を紹介したいと思います。

ふつサランの紹介

約10年前転職したことをきっかけに、気合いだけで仕事をする時代が終わると悟り資格の勉強に目覚める。簿記や中小企業診断士などを独学で取得し、グローバル人材になることを目指し英語の勉強にも力を入れる。TOEIC初回受験では370点だったが、継続した勉強により845点まで向上した。

リスニングが上がらない理由

まずこれを知ることが重要です。逆に言うとこの理由がわかれば上達への道を大きく前進できます。

理由は正確な音で英語を認識できていないから。

実はそういうことなんです。英語本来の音で聞くことができていないから、脳が認識できないわけです。なので、いくらカタカナ英語で勉強をしても上達できません。

もう少し詳しく説明します。

例えば、牛乳。カタカナ英語では “ミルク” ですね。

でも本当に英語で発している音は “ミゥクッ” って感じです。

もう一つ、商品。カタカナ英語では “プロダクト”

でも本当の英語の音は “プゥラダクト” みたいな音になります。

最後に、日程。カタカナ英語では “スケジュール”

でも本当の音は “シェジュール”“スヶデュール” のような音になります。

カタカナだとニュアンスが若干異なりますが、イメージとしてはこのような違いがあります。

ということで、音の違いを理解していないで聞くと、知らない音なのでサッパリわかりません。日本でも方言が強い、青森県津軽地方だと、同じ日本語でさえ??となりますよね。

原理はそれと一緒です。非ネイティブがリスニング力を上げるには、ネイティブの本当の音を知ることから始まります。

つまり発音を知り、鍛えることが最速でリスニング力を上げる秘訣です。

リスニング力を上げる勉強法

本当の音を知り、繰り返し練習する

ここからは実際に何をすればよいかについて説明します。

具体的には英語の母音、子音の本当の音を知り、繰り返し練習することになります。

私の場合は、オンラインレッスンで最初に発音を勉強したのですが、今はYoutubeで解説している動画が豊富にあるので、タダで楽しく勉強することができます。

去年発見して勉強しなおした動画がこちらです。ちぐささんという方が、英語学習チャンネルを解説されていて、とても勉強になります。今も定期的にこの動画で発音の確認をしています。再生回数が160万回を超えたみたいです。

【カタカナ英語を卒業!】絶対上達!究極の発音法!大人のフォニックス(Phonics)

フォニックス=音の鳴き声のようです。目から鱗ですよ!

2020年の最新版もでていました!

160万再生突破!大人のフォニックス【2020年最新バージョン】

ディクテーションをする

次に効果的な勉強法 “ディクテーション” について紹介します。

ディクテーションは流れた音声を、聞き取り、書き取っていく学習法です。

例えば ”Two women are shaking hands” が流れたら、ペンで紙に書くもしくは、パソコンでタイピングをして。実際に聞き取れた音を記録します。

このようなイメージです。

シャドーイングの勉強法

1.音声を集中して聞く(1~2回)

2.分かった箇所だけでよいので書き取る(1~2回)

3.わからない箇所に集中して聞き取る(1~2回)

4.書き取った文章をみて、文法的におかしな点はないか確認する

5.スクリプトを見て答え合わせ

6.スクリプトを見ながら音声を聞く

この効果は絶大です。ディクテーションをするようになってから、明らかにリスニング力が上がりました。

効率的にディクテーションをやりたい方はスタディサプリTOEICがお勧めです。

シャドーイングをする

シャドーイングは英語の音声を聞きながら、真似して発音する勉強法です。聞こえた文書の後を追って発音するのがポイントになります。

文書を聞き終わってから繰り返すことはリピートになります。

シャドーイングのすごいところは、リスニングと同時にスピーキングも鍛えられることです。

英語特有のリズムやイントネーションを体で覚えることになるので、自然と英語脳ができあがってきます。

シャドーイングの勉強法

1.英文を一度聞き流す

2.音に集中し、できる範囲で聞いた音をそのまま口から発音する(1~5回)

3.どうしてもわからなかった箇所はスクリプトを確認する

4.スクリプト全体を把握したうえで、再度繰り返し発音をする(1~5回)

5.録音した音を聞き、発音を正す

※声を出せないときは頭の中で発音しても効果はあります

シャドーイングのコツは自分がネイティブになったような気持ちでやることです。

ちょっと大袈裟にやるくらいでちょうど良いと思います。

聞かれると恥ずかしいので、自分の部屋でやりましょう笑

シャドーイングも効率的にやるにはスタディサプリTOEICが最適なツールだと思います。

まとめ

今回は、効果的なリスニング強化勉強法についてまとめました。

  • 正しい発音を知れば、一気に能力は向上する
  • シャドーイング、リスニングで効果的に勉強する
  • 効率的に勉強するなら、YoutubeやスタディサプリTOEICがお勧め

TOEICシリーズは反響が大きいので、連載していこうと思います!

コメント

  1. […] リスニング強化術はこちら:【TOEIC対策】最短でリスニング力を上げる勉強法! […]

  2. […] 関連記事:【TOEIC対策】最短でリスニング力を上げる勉強法! […]

  3. […] 関連記事:【TOEIC対策】最短でリスニング力を上げる勉強法! […]

タイトルとURLをコピーしました