【過去問完璧理解! 戦略分析 平成30年事例Ⅰ第1問】中小企業診断士二次試験※2020年9月更新

中小企業診断士
スポンサーリンク

10年間の過去問を攻略して、確実に合格しましょう!

(H30:第1問)ニッチ市場をターゲットにした理由、を競争戦略の視点から100文字

について詳しく解説していきます。

このブログでは二次試験過去問を平成22年(2010)から令和1年(2019)まで10年間の過去問の全貌を公開していきます。

今回は「分析系問題」から「戦略分析」についての記事になります。

戦略分析は過去問10年間で51問中1問の出題でした。

【分析系の全体像はこちらの記事にまとめています】

二次試験事例Ⅰ過去問を理解する(過去問2010-2019)

事例Ⅰ(組織・人事含む)では10年間の過去問をみると51問が出題されています。

一回の二次試験では80分間で全5問を解くことが通常です。

10年分の過去問より問題を分類すると大きく3つのカテゴリーに分かれます。

  • 分析系問題
  • 推論系問題
  • 助言系問題

割合としては分析系問題が多く、次に推論系問題、助言系問題と続きます。 詳しくは次の画像をご確認ください。

※拡大してご覧ください。

分析系問題:戦略分析 平成30年事例Ⅰ 第1問

【第1問 配点 20 点】

研究開発型企業である A 社が、相対的に規模の小さな市場をターゲットとしているのはなぜか。その理由を、競争戦略の視点から 100 字以内で答えよ。

つまり、この問題は分析系問題(戦略分析)に分類されます。

競争戦略なので、事業戦略ともいえますね。

事業を成功させるためにとる戦略になります。

中小企業診断協会からは次のような出題趣旨が発表されています。

(第1問)研究開発型企業であるA社のターゲット市場が小規模市場である理由を、競争戦略の視点から分析する能力を問う問題である。

問題に書かれていることそのままなので分かりやすいですね。

平成30年(2018年)の二次試験事例Ⅰ過去問はこちら↓

分析系問題(戦略分析)の特長と解答法

分析系問題(戦略分析)の特長と解答法は以下の通りです。

・全社戦略、競争戦略について問われている

・A社がとった戦略はどのようなものかを分析する

・中小企業のリソースを考慮し検討する

・問題に係る情報を問題文と与件文から拾い整理する

・整理された与件文情報(事実)から核となるキーワードを抽出する

・カギとなる情報(キーワード)を用い解答を導き出す

根拠となる事実の組合せから文書を作成し、解答することが合格率を上げるコツとなります。

分析系問題の特徴分析は与件文にある適切な事実を抽出、整理し、述べることが最重要です。

あくまで中小企業診断士の二次試験の世界観では、ある情報の中から最善の答えを述べることが必要です。

主観は排除し試験に挑みましょう。

平成30年の二次試験事例Ⅰ第1問の問題文・与件文からの関連情報抽出

平成30年の二次試験事例Ⅰ第1問の問題文・与件文からは以下の関連情報が抽出できます。

・A社は研究開発型企業である(問題文)

・相対的に小さな市場をターゲットにしている(問題文)

・当時は売上の 8 割近くを主力取引先向け電子機器製造に依存していた(第2段落)

・ 国内大手電子メーカーの特注電子機器事業が急激な事業縮小を迫られると、A 社の売上も 大幅に落ち込んだ(第3段落)

・自社技術を応用した様々な新製品開発にチャレンジせざるを得ない状況に追い込まれた(第3段落)

・平成不況が長引く中で、A 社は存続をかけて、ニッチ市場に向けた製品を試行錯誤を重ねながら開発し、事業を継続してきた(第4段落)

・継続的に安定した収入源として A 社の事業の柱となる製品を生み出すこともかなわなかった(第4段落)

・そうした危機的状況が、A 社長の製品開発に対する考え方を一変させることになる(第4段落)

・開発した製品を販売した時点で取引が完了する売切り型の事業の限界を打ち破ることを目標とした(第4段落)

・取引先や顧客などの声を反映させていた受け身の製品開発の時代から、時代の流れを先読みし先進的な事業展開を進める(第11段落)

解答アプローチ

関連する情報から核となるキーワードを抽出します。

外部環境の悪化もあり、事業戦略を見直したといえそうです。

「キーワードの抽出」

・大手電子メーカーの事業縮小に伴い、A社も売上が急落したことで危機感を抱いた

・危機感が製品開発に対する考え方を一変した

・存続をかけてニッチ市場に向けた製品を開発し、事業を継続してきた

・受け身の製品開発から時代を先読みした事業展開をする必要性があった

要因の抽出をしましたが、まだ答えが明確になっていません。

この問題ではもう一段階の深堀が必要です。

「複写機の特性」

・大手依存で経営危機にあった→独自の技術力の強みを発揮し、大手受託依存を回避する

・ニッチ市場向け製品開発→分野のリーダーとなり大手との競争を回避する

・時代を先読みした事業展開をする必要性→時代の変化に対応する

さらに知識としてのニッチ戦略のメリットを組み合わせて解答するとよいでしょう。

以上の情報(事実)をまとめ解答を導き出します。

「解答例」

理由は経営危機にあったことから①強みの独自の技術力を生かし、ニッチ市場向け製品を開発することで分野No.1となり大手との競争を回避②環境変化への対応が可能となることで差別化を図り、競争優位性を確保するため。

100文字でした。

二次試験の基本は与件文のキーワードを使い解答することです。

それでも、筋のよい答えが見つからないときは今回の様に、一次試験で学んだ智識を盛り込むとよいでしょう。

過去問を徹底してやることで、勝ちパターンを掴んでいきましょう!

ふつサランの紹介

外資系企業に転職後、精神論だけではこの先を生き抜いていけないと悟り、2011年から中小企業診断士の資格取得を目指し勉強を開始。二次試験は3回目の挑戦にして、ようやくコツを掴み合格。現在はサラリーマン兼業コンサルタントとして、企業経営のアドバイスを行っている。

関連記事:【合格するコツ!!二次試験勉強法・解答法】中小企業診断士試験

関連記事:【2次試験対策:記述をまとめるコツ!5選】中小企業診断士試験

コメント

タイトルとURLをコピーしました