【過去問完璧理解! ファクト分析 令和1年事例Ⅰ第1問】中小企業診断士二次試験※2020年10月更新

中小企業診断士
スポンサーリンク

過去問を繰り返し勉強することが中小企業診断士二次試験合格の “キモ” となります!

3回目の受験でようやく気付いた二次試験のコツ、ノウハウを交えて、平成22年(2010)から令和1年(2019)まで10年間の過去問の全貌を公開します。

二次試験過去問を攻略して合格を目指しましょう!

今回は「分析系問題」から「ファクト分析」についての第1回目(全5回)の記事になります。

ファクト分析は過去問10年間で51問中5問出題されています。

今後も出題されることが予想されます。

それでは今回は

(令和1年:第2問)高コスト体質の要因である、古い企業風土とはなにか?100文字

について解説していきます。

二次試験事例Ⅰ過去問を理解する(過去問2010-2019)

事例Ⅰ(組織・人事含む)では10年間の過去問をみると51問が出題されています。

一回の二次試験では80分間で全5問を解くことが通常です。

10年分の過去問より問題を分類すると大きく3つのカテゴリーに分かれます。

  • 分析系問題
  • 推論系問題
  • 助言系問題

割合としては分析系問題が多く、次に推論系問題、助言系問題と続きます。 詳しくは次の画像をご確認ください。

※拡大してご覧ください。

分析系問題:ファクト分析 令和1年事例Ⅰ 第2問

【第2問 配点 20点】

A 社長を中心とした新経営陣が改革に取り組むことになった高コスト体質の要因は、古い営業体質にあった。その背景にあるA社の企業風土とは、どのようなもの であるか。100 字以内で答えよ。

について詳しく解説していきます。

令和1年(2019年)の二次試験事例Ⅰ第2問では、長年抱えていた高コスト体質の背景にある企業風土について問われています。

つまり、この問題は分析系問題(ファクト分析)に分類されます。

中小企業診断協会からは次のような出題趣旨が発表されています。

(第2問)企業体質および企業風土の形成要因とその関係について、理解力を問う問題である。

令和1年(2019年)の二次試験事例Ⅰ過去問はこちら↓

分析系問題(ファクト分析)の特長と解答法

分析系問題(ファクト分析)の特長と解答法は以下の通りです。

・事象の裏にある事実(ファクト)が何かを問われている

・ファクトは複数の因子が与件文に眠っている

・問題に係るファクトを与件文から拾い整理する

・整理された与件文情報(事実)をキーワード化する

・キーワードを用い解答を導き出す

その情報が関連しているかどうかを客観的視点で評価し、解答することが合格率を上げるコツとなります。

分析系問題のファクト分析は与件文にある適切な事実を抽出、整理し、述べることが最重要です。

主観は排除しましょう。

特に中小企業診断士の二次試験では、与件文にある情報の中から必要な情報を収集し、述べることが必要です。

令和1年の二次試験事例Ⅰ第2問の問題文・与件文からの関連情報抽出

令和1年の二次試験事例Ⅰ第2問の問題文・与件文からは以下の関連情報が抽出できます。

・新経営陣が高コスト体質の改善を試みている(問題文)

・企業風土が関係している(問題文)

・新しい事業に取り組むことを、古き良き時代を知っている古参社員たちがそう簡単に受け

入れるはずもなかった(第3段落)

・保有期間を過ぎている機械の部品であっても客から依頼されれば個別に対応しており、収益を圧迫していた(第4段落)

・営業所の業務が基本的に手書きの帳簿で処理され、全社的な計数管理が行われない(第4段落)

解答アプローチ

上記のファクト情報から言いたいことをキーワードとして変換します。

「キーワード化」

・古参社員を中心に変化を拒む風土があった

・収益性を度外視し、顧客の依頼に個別対応をしていた

・全社的に計数管理が行われておらず、ずさんな管理体制だった

以上の情報(事実)をまとめ解答を導き出します。

「解答例」

背景には過去の成功体験から、収益性を度外視してでも顧客の依頼に個別対応をしており、全社的な計数管理がずさんな管理体制であったことや、古参社員を中心に新しい取り組みに対しては拒む企業風土があった。

97文字でした。

企業風土を求めるという内容でした。いくつかのファクトは拾えたと思いますが、まとめるのは少し時間が掛かりました。 読み手が分かりやすい文書にすることがポイントです!

過去問を徹底してやることで、勝ちパターンを掴んでいきましょう!

ふつサランの紹介

外資系企業に転職後、精神論だけではこの先を生き抜いていけないと悟り、2011年から中小企業診断士の資格取得を目指し勉強を開始。二次試験は3回目の挑戦にして、ようやくコツを掴み合格。現在はサラリーマン兼業コンサルタントとして、企業経営のアドバイスを行っている。

【分析系の全体像はこちらの記事にまとめています】

コメント

  1. […] 過去問ファクト分析①:【過去問完璧理解! ファクト分析 令和1年事例Ⅰ第1問】 […]

タイトルとURLをコピーしました