【過去問10年全てマスター:環境分析-平成26年事例Ⅰ第1問 -】中小企業診断士二次試験※2020年9月更新

中小企業診断士
スポンサーリンク

平成22年(2010)から令和1年(2019)まで10年間の過去問を完全分析し、丸裸にします。全てをマスターして余裕で合格しましょう!

今回は「分析系問題」から「環境分析」について第1回目(全2回)の記事になります。

(平成26年:第1問)研究開発型企業が増加している背景にある、経営環境の変化は何か?120文字

について詳しく解説していきます。

第2回目はこちらをご覧ください。

【分析系の全体像はこちらの記事にまとめています】

中小企業診断士二次試験事例Ⅰ全体像

事例Ⅰ(組織・人事含む)では過去問10年間で51問が出題されています。

一回の二次試験では80分間で全5問を解くことが通常です。

10年分の過去問より問題を分類すると大きく3つのカテゴリーに分かれます。

  • 分析系問題
  • 推論系問題
  • 助言系問題

割合としては分析系問題が多く、次に推論系問題、助言系問題と続きます。 詳しくは次の画像をご確認ください。

※拡大してご覧ください。

平成26年(2014年)分析系問題:環境分析(平成26年第1問)

【第1問:配点 20 点】

A 社は、小規模ながら大学や企業の研究機関と共同開発した独創的な技術を武器に事業を展開しようとする研究開発型中小企業である。わが国でも、近年、そうしたタイプの企業が増えつつあるが、その背景には、どのような経営環境の変化があると考えられるか。120 字以内で答えよ。

平成26年(2014年)の二次試験事例Ⅰ第1問では、経営環境の変化についての問題が出題されました。分析系問題(環境分析)に分類されます。

中小企業診断協会からは次のような出題趣旨が発表されています。

第 1 問(配点 20 点) 研究開発型企業として事業を展開している A 社のような中小企業が増加している今日の 経営環境の変化に関する基本的理解力・分析力を問う問題である。

平成26年(2014年)の二次試験事例Ⅰ過去問はこちら↓

分析系問題(環境分析)の特長と解答法

分析系問題(環境分析)の特長と解答法は以下の通りです。

・問題文でA社を取り巻く外部環境の変化(機会と脅威)について問われている

・外部環境の変化はA社および競合企業にとって、経営に影響を及ぼす因子となっている

・SWOTのO(機会)とT(脅威)を意識する

・環境変化に関連する情報を与件文から整理する

・整理された与件文情報(事実)から核となるキーワードを抽出する

・カギとなる情報(キーワード)を整理し解答を導き出す

つまり、根拠となる事実の組合せから文書を作成し、解答することが合格率を上げるコツとなります。

主観はできるだけ排除するようにしましょう。

分析系問題の環境分析はあくまで与件文にある適切な事実を抽出し述べることが最重要です。

平成26年(2014年)の二次試験事例Ⅰ第1問の問題文・与件文からの関連情報抽出

平成26年(2014年)の二次試験事例Ⅰ第1問の問題文・与件文からは以下の関連情報が抽出できます。

・問題で近年を指しているので、過去5年くらいから未来をイメージする

・精密ガラス加工技術を必要とする製品分野は、技術革新のスピードが速く、製品ライフサイクルが短い。そのため、サプライヤーは、新しい技術や新しい製品を取引先に提案することができなければ取引を継続させていくことは難しい。(第5段落)

・とはいえ、A社のような売上も利益も少ない規模の小さな中小企業が研究開発型企業として生き残るためには、必要な研究開発費を捻出することがもうひとつの重要な経営課題である。レーザー用放電管の自主開発に取り組んだ時代のA社の売上高は1億円にも満たず、社員数も10名に過ぎなかった。そのような企業規模で新規事業のための多額の研究開発資金を捻出することは難しかった。A社が現在進めている新規事業の資金は、大部分が公的助成金によって賄われている。研究開発型中小企業にとって、官公庁の助成金の獲得は極めて重要な資金調達の手段なのである。(第11段落)

解答アプローチ

関連する情報から核となるキーワードを抽出します。今回は以下の情報がカギとなってきます。脅威と機会の両面がありそうです。

「脅威要因」

・技術革新のスピードが速い

・ライフサイクルが短い

・新技術・製品を提案しなければ生き残りは難しい

「機会要因」

・以前は多額の研究開発資金を捻出することは難しかった

・A社の現在進めている新規事業資金は、大部分が公的資金によって賄われている

・研究開発型中小企業にとって、官公庁の助成金獲得は極めて重要な資金調達手段

これらの情報をまとめると2つに論点を整理することができます。

  1. 脅威要因:技術革新スピードが速く、ライフサイクルが短いため、新規提案がなければ生き残りは難しい。
  2. 機会要因:官公庁の助成金の拡充により、研究開発費を確保しやすくなり、新たな技術・製品開発を行えるようになった。

平成26年(2014年)の二次試験事例Ⅰ第1問の解答としては上記2の情報(事実)に肉付けして文書整理をすると最終的にはこのようになります。

「解答例」

環境変化は、①技術革新スピードが速く、ライフサイクルが短いため、新規提案がなければ生き残りは難しくなった。一方で、②官公庁の助成金の拡充により、研究開発費を確保しやすくなり、新たな技術・製品開発を行えるようになったことである。

120文字中113文字に収まりました。

時間が少ない中でも、分析系問題の環境分析では、論点を整理し根拠となる事実を抽出することで確実に答えを導き出すことが可能です。

今回は以上になります。

ふつサラン

ふつサランの紹介

外資系企業に転職後、精神論だけではこの先を生き抜いていけないと悟り、2011年から中小企業診断士の資格取得を目指し勉強を開始。二次試験は3回目の挑戦にして、ようやくコツを掴み合格。現在はサラリーマン兼業コンサルタントとして、企業経営のアドバイスを行っている。

関連記事:【合格するコツ!!二次試験勉強法・解答法】中小企業診断士試験

関連記事:【2次試験対策:記述をまとめるコツ!5選】中小企業診断士試験

コメント

  1. […] 【過去問10年全てマスター:平成26年事例Ⅰ第1問 分析系問題-環境分析-】中小企業診断士二次試験※2020年9月更新平成22年(2010)から令和1年(2019)まで10年間の過去問を完全分析し、丸 […]

  2. […] 【過去問10年全てマスター:環境分析-平成26年事例Ⅰ第1問 -】中小企業診断士二次試験※2020年9月更新平成22年(2010)から令和1年(2019)まで10年間の過去問を完全分析し、丸裸にします […]

タイトルとURLをコピーしました