【合格するコツ!令和1年 事例Ⅰ 過去問 徹底解答シリーズ】中小企業診断士二次試験

中小企業診断士
スポンサーリンク

中小企業診断士二次試験に合格するために勉強をしているけれど、イマイチコツが掴めない。悩んでいる方も多いと思います。

二次試験の合格率は約20%と低く、毎年5000人程受験しているのでその内4000人も涙をのんでいるわけです。

“折角一次試験を突破したのに” “また一からやり直したくない” そうならないために合格するための私の解法テクニックをシェアしていこうと思います。

ということで過去問を解答していきましょう。

その他の事例はこちら

徹底解答シリーズ:令和1年事例Ⅱはこちら令和1年事例Ⅲはこちら

中小企業診断士ってなに?と思った方はこちら:中小企業診断士はどんな資格なの?【他の資格との違いを知る】

勉強法・解答方法の記事はこちら:【合格するコツ!!二次試験勉強法・解答法】中小企業診断士試験

ふつサランの紹介

外資系企業に転職後、精神論だけではこの先を生き抜いていけないと悟り、2011年から中小企業診断士の資格取得を目指し勉強を開始。二次試験は3回目の挑戦にしてようやくコツを掴み合格。現在はサラリーマン兼業コンサルタントとして、企業経営のアドバイスを行っている。

解答テクニックの確認

ふつサランが合格にたどり着いた独自の解答メソッドを紹介します。

①試験開始の合図ともに問題を一枚ずつバラバラにする。(答えを探す時間の短縮)

②与件文の冒頭を読み業種、事業規模を確認する。

③設問を読み、何が問われているのかを確認。抽出要件の整理と、どのような問題を抱えていているのかを読み解く。頭でイメージをする。

④与件文の読み込みを開始。設問と関連するキーワードに印をつけて読み込む。ここまでで30分以内が理想。

⑤事例Ⅰ組織(人事を含む)の場合、組織図を図解化する。表紙の裏に描く。その際は時代の変化もわかるようにする。図にすることで一瞬でイメージできることが重要。

⑥解答を始める。関連キワードを拾い上げて、答えを導き出し、文章を構成する。与件文に書いてあるキーワードを中心に文書に差し込むことがポイント。主観を入れた答えは必要ない。

⑦行き詰った時には、与件文に戻る。見落とした情報があるはずなので、探し出す。先に見つけたキーワードとつなぎ合わせることで解答する。

⑧最後に全ての解答で一貫性があるかどうかを確認。もし、矛盾がある場合には、全体との整合性を合わせた解答に修正する。

令和1年:中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ(組織・人事含む)

過去問:与件文の確認

まず今回の令和1年事例Ⅰ(組織・人事含む)の企業ついて整理しましょう。


・資本金8,000万円、売上高約11億円
・農業用機械や産業機械装置を製造する中小メーカー
・A社長は1990年代半ばの海外留学中に父が病気となり、急きょ呼び戻され、そのままA社に就職した
・1980年代から逆風が吹いていたが、十分な対応策を取れずにいた
・2000年代に入り一気に経営状態があっか
・状況を打開するため構造改革を行いたかったが、古参社員の反発があり苦戦していた

外部環境の悪化に対応してこなかったツケがまわってきているようですね。また代替わりにより、それを良しとしない古参社員がA社長を悩ませていることがわかります。このような企業は少なくないと思います。

過去問:設問の確認

設問の確認ではなにが問われているのかを明確にする必要があります。そうすることで無駄な時間を節約することができます。問われていることに的確に解答することが診断士の二次試験で問われていますのでご注意ください。

第1問(配点 20 点)
A 社長がトップに就任する以前の A 社は、苦境を打破するために、自社製品のメンテナンスの事業化に取り組んできた。それが結果的にビジネスとして成功しなかった最大の理由は何か。100 字以内で答えよ。


第2問(配点 20 点)
A 社長を中心とした新経営陣が改革に取り組むことになった高コスト体質の要因は、古い営業体質にあった。その背景にある A 社の企業風土とは、どのようなものであるか。100 字以内で答えよ。

第3問(配点 20 点)
A 社は、新規事業のアイデアを収集する目的で HP を立ち上げ、試験乾燥のサービスを展開することによって市場開拓に成功した。自社製品やサービスの宣伝効果などHP に期待する目的・機能とは異なる点に焦点を当てたと考えられる。その成功の背景にどのような要因があったか。100 字以内で答えよ。

第4問(配点 20 点)
新経営陣が事業領域を明確にした結果、古い営業体質を引きずっていた A 社の営業社員が、新規事業の拡大に積極的に取り組むようになった。その要因として、どのようなことが考えられるか。100 字以内で答えよ。

第5問(配点 20 点)
A 社長は、今回、組織再編を経営コンサルタントの助言を熟考した上で見送ることとした。その最大の理由として、どのようなことが考えられるか。100 字以内で答えよ。

図解化する

私の場合ですと、表紙の裏を使いこのように即席で組織図を描きます。そうすることで、現状の把握と、どこに問題があるかなど、あたりをつけやすくなります。

文字が汚くて恐縮です汗

設問の解答例

設問1

A 社長がトップに就任する以前の A 社は、苦境を打破するために、自社製品のメンテナンスの事業化に取り組んできた。それが結果的にビジネスとして成功しなかった最大の理由は何か。100 字以内で答えよ。

キーワード:①外部環境の悪化(健康志向の高まり、受動喫煙の社会問題化)②非コア事業で低収益性③コアテクノロジーを生かせない領域

TACの模範解答

市場が縮小するたばこ産業が主な対象である上、単に既存事業に関連する内容であるというだけでコアテクノロジーも活かせず、採算性も考慮されていない。以上から、収益が獲得できる事業領域の設定ではなかったから。

設問2

A 社長を中心とした新経営陣が改革に取り組むことになった高コスト体質の要因は、古い営業体質にあった。その背景にある A 社の企業風土とは、どのようなものであるか。100 字以内で答えよ。

キーワード:①手書き帳簿で全社的な計数管理が行われていない、煩雑②部品の保有期間を過ぎている機械部品でも、顧客の要望に応じて対応③A社長をはじめ際立った切迫感がなかった

TACの模範解答

A社は、収益管理を軽視した営業体質となっている。これは、高コスト体質であってもそれを上回る売上を獲得することで存続してきた過去の体験により、業績悪化に対する切迫感に欠け、変化を拒む企業風土が背景にある。

設問3

A 社は、新規事業のアイデアを収集する目的で HP を立ち上げ、試験乾燥のサービスを展開することによって市場開拓に成功した。自社製品やサービスの宣伝効果などHP に期待する目的・機能とは異なる点に焦点を当てたと考えられる。その成功の背景にどのような要因があったか。100 字以内で答えよ。

キーワード:①従来は既存市場のみをターゲットとした狭いマーケットのみで展開し、拡大できなかったことの反省②自社HPにアクセスするネット環境が世の中で整いつつあったこと③潜在顧客もまた課題を解決できず、困っていたこと

TACの模範解答

昨今のインターネットの普及状況により、ニーズを有した潜在顧客はHPへアクセスしてくる土壌があることから、独自に切り拓くのが困難な、既存市場以外の多様な市場と数多くの結びつきが生まれやすい状況にあったこと。

設問4

新経営陣が事業領域を明確にした結果、古い営業体質を引きずっていた A 社の営業社員が、新規事業の拡大に積極的に取り組むようになった。その要因として、どのようなことが考えられるか。100 字以内で答えよ。

キーワード:①新体制発足により、高コスト体制の見直しを行った②古参社員のリストラ③自社のコアテクノロジーを明確に位置付けた④重点ターゲットが明確になった

TACの模範解答

古参社員を退職させた上で自社のコアテクノロジーを明確にしたため、新たな戦略が受け入れられたこと。また、販売見込みの高いターゲット市場が明確になり、成果主義的要素の動機付けへの寄与度合いが高まったこと。

設問5

A 社長は、今回、組織再編を経営コンサルタントの助言を熟考した上で見送ることとした。その最大の理由として、どのようなことが考えられるか。100 字以内で答えよ。

この設問は理由を独自で推論する必要があります。つまり、組織設計の観点から現在の立ち位置、事業のライフサイクルを明らかにし、その上でどういった組織が適切かを導き出します。

キーワード:①まだ事業が成長過程にある②リーダーに権限を集約した方が良いフェーズの可能性が高い③段階に合わせた組織設計が必要

TACの模範解答

新規事業の基盤が徐々に固まってきた段階であり、経営改革を着実に進展させるためには、経営陣が各機能部門長を務める集権度合いが強い創業以来の組織体制のままのほうが、現段階においては望ましいと考えたから。

まとめ

今回は令和1年の事例Ⅰ組織(人事を含む)の過去問を解説しました。

ご自身の解答と見比べてみていかがでしょうか。

引き続きこのシリーズは行っていきます。

ご参考になれば幸いです。

ふつサラン

【合わせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました